パレット(PALETTE)は、スズキが生産・販売していた軽スーパーハイトワゴンです。車名の由来は画材の「パレット」です。

二代目となったダイハツ・タントの対向車種として開発されました。2008年に発売し、2013年で後継車種のスペーシアへとバトンタッチしています。

2009年12月からは日産へルークスとしてOEM供給されていました。

基本スペック (初代パレットMK21S型)

全長 全幅 全高 JC08モード燃費
3395mm 1475mm 1735mm 17.2~22.2km/l
室内長 室内幅 室内高 最小回転半径
2070mm 1280mm 1365mm 4.2m
新車価格帯 中古車価格帯
111万円~177万円 >>中古車を探す

タントに対抗して背が高くなったパレット

ワゴンRでトールワゴンという軽自動車の一ジャンルを切り開いたスズキですが、ダイハツが『タント』という更に背の高いワゴン(スーパーハイトワゴン)を発売してきました。

このタントに対抗するために発売されたのがパレットです。軽自動車の枠をせいいっぱい使い、1735mmという全高に直線を多用したエクステリアが特徴です。

パレットという車名の通り、多彩なボディカラーが用意されていました。

【パレットのボディカラー】

  • ブルーイッシュブラックパール3
  • アクアベールブルーパールメタリック
  • ブルームピンクメタリック
  • シルキーシルバーメタリック
  • クリアベージュメタリック
  • パールホワイト(メーカーオプション)


窓を高く設計しているため、運転席に座るとスーパーハイトワゴンならではの開放感があります。

スポンサーリンク

小さなお子さんのいるファミリーに嬉しい後席両側スライドドア

パレットは小さなお子さんのいるファミリー向けに力を入れており、後席両側スライドドアが採用されました。ターボエンジン搭載のTSグレードは、両側が電動式のスライドドアです。

後部の開口部は幅580mm、高さ1230mmでラクラク乗ることができます。室内高1365mmは小学2年生くらいまでなら立って着替えられます。

インテリア・荷室について

雨が降った時には、子供を迎えにいって自転車も持って帰れるユーティリティがあります。

女性でも27インチの自転車を車内に積めるように、荷室地上高は525mmと低く設計されています。

助手席・後部座席を倒せば、スノーボードや絨毯などの長いモノでも積めるようになります。

実燃費はどれくらい?

ツイッターや価格コムなどで調べてみると、実燃費は高速で18km/L、街乗りで13~16kmという意見が多いです。

派生モデルのパレットSWについて

パレットの派生モデルとして、スポーティなカスタムをした「パレットSW」があります。基本スペックが同じで、下記のようなパレットSWだけの装備をしています。

  • スケルトングリルを採用したフロントデザイン
  • SW専用のアルミホイール
  • リアコンビネーションランプがスモーク

基本的にはデザインが異なるだけですが、中古価格はパレットSWが少し高い傾向があります。

軽自動車を安く買う現実的な方法

軽自動車を安く買える方法として現実的なのは『いまある車を高く売って購入予算の足しにすること』です。

購入時の値下げ交渉は難しいですが、今ある車を高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古車販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、車買取専門店に査定をしてもらってください。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スポンサーリンク