N-ONEはホンダが販売しているハイトワゴンです。

ホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第3弾で、ゼストの後継車です。

N-BOXよりも全高が低くなっており、Nシリーズの中でもっとも全高が低いモデルです。2015年のマイナーモデルチェンジで、多くの立体駐車場に対応した低全高モデルが追加されました。

N-ONEの基本スペック

全長 全幅 全高 JC08モード燃費
3395mm 1475mm 1535~1630mm 23~28.4km/L
室内長 室内幅 室内高 最小回転半径
1300mm 1200~1300mm 1240~1265mm 4.5-4.7m
新車価格帯 中古車価格帯
119~165万円 >>中古車を探す

可愛らしい独自デザイン

N-ONEは、ホンダ初の市販軽乗用車N360をモチーフにし、「タイムレスデザイン」というコンセプトで開発されました。

シンプルながら親しみやすいデザインでありながら、ボディカラーも単色で13色、2トーンカラーで16パターンという豊富なバリエーションが用意されています。

N-ONEは豊富なバリエーションがありますが、大きく分けると通常仕様の「Gグレード」と、装備を充実した「N-ONE Premium」が設定されています。

「ローダウン」と「Modulo X」は立体駐車場に対応した低全高モデル


2015年7月のマイナーチェンジで、多くの立体駐車場への入庫に対応した低全高タイプ「G・LOWDOWN」、「Premium Tourer・LOWDOWN」が追加されました。

スポンサーリンク

ルーフパネルの形状を変更し、サスペンションを10mm低くしてスポーティーな外観となっています。

他のグレードは全高が1550mmを超えるため、立体駐車場へ入庫できません。

低燃費で安全装備も充実


JC08モード燃費は下記の通りです。

FF車 28.4km/L
FF車(ターボ仕様) 25.8km/L
4WD車 25.8km/L
4WD車(ターボ仕様) 24.0km/L

エコ運転かどうかを色で知らせる「コーチング機能」や、エンジンやエアコンなどを燃費優先に自動制御する「ECONスイッチ」が搭載されています。

急ブレーキ時にブレーキランプ+ハザードランプを自動で点灯させて玉つき事故を防ぐ「エマージェンシーストップシグナル」は標準装備です。

正面衝突時用エアバッグ・後席対応のサイドカーテンエアバッグ・前席用のサイドエアバッグを「あんしんパッケージ」としてメーカーオプションで設定しています

『N-ONE』の中古車はどう?

N-ONEは2012年に発売されたモデルですから、2017年で2回目の車検を迎える個体が多く、中古市場もこなれてきました。

修復歴なしで走行距離3万km以下でも、乗り出し価格が70万円程度のものも出てきています。

2014年5月のマイナーチェンジでは『あんしんパッケージ』という安全装備のオプションが設定され、快適装備も改良が加えられました。中古で購入するなら2014年以降の個体がおすすめです。

軽自動車を安く買う現実的な方法

軽自動車を安く買える方法として現実的なのは『いまある車を高く売って購入予算の足しにすること』です。

購入時の値下げ交渉は難しいですが、今ある車を高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古車販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、車買取専門店に査定をしてもらってください。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スポンサーリンク