ミライースは、エッセ(2011年9月に販売終了)の実質的な後継モデルとして登場しました。

誰にでも手が届く『第3のエコカー』をコンセプトに開発され、従来比で40%燃費性能を改善した『e:Sテクノロジー』が採用されています。

競合車種はスズキのアルトです。

主要スペック

ミライースのスペック
全長 全幅 全高 JC08モード燃費
3395mm 1475mm 1490~1500mm 32.2~35.2km/L
室内長 室内幅 室内高 最小回転半径
1920~2000mm 1350mm 1240mm 最小回転半径
新車価格帯 中古車価格帯
77~135万円 >>中古車を探す

車内空間について

看板モデルらしく老若男女を問わずに運転しやすく、シンプルで見晴らしの良いデザインとなっています。

直感的に操作できるダイアル式のエアコンや、大きな数字で表示されるスピードメーターなどは運転に集中しやすいので安全性にも貢献しています。

ダイハツが『コンパクトなボディの中で人のためのスペースを最大にする』という通り、後席が意外なほどに広く、ひざ前も広びろしており大人4名でも無理なく乗ることができます。

スポンサーリンク

安全装備について

低速域で先行車への追突を予防する「スマートアシスト」を搭載しています。現行モデルでは、前のクルマだけでなく、歩行者も認識して作動する「スマートアシストⅢ」となりました。(2017年7月現在)

走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。
さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

ミラとミライースの違い

2013年2月にミラの乗用モデルが仕様変更し、AT車はミライースと統合しました。現行のミラは5MTのみのラインナップとなっています。

MTのみとなった理由についてダイハツは『AT車・CVT車を運転できない高齢ユーザーなどに対する救済策の意味合い』と発表しています。

ミラの派生車種としてミライースが誕生しましたが、現在は看板モデルであるミライースのMT車がミラという理解で良いでしょう。

ピクシスエポック・プレオプラスの違い

トヨタにピクシスエポックを、スバルにプレオプラスをOEM供給しています。

この2車種との違いは『ミライースは2トーンカラーが選べること』だけです。

安全装備もトヨタの登録商標「セーフティセンス」やスバルの登録商標「アイサイト」ではなく「スマートアシスト」ですし、車両価格も全く同じです。

軽自動車を安く買う現実的な方法

軽自動車を安く買える方法として現実的なのは『いまある車を高く売って購入予算の足しにすること』です。

購入時の値下げ交渉は難しいですが、今ある車を高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古車販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、車買取専門店に査定をしてもらってください。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スポンサーリンク