ハスラー(スズキ)は2014年4月に登場した軽クロスオーバーSUVです。ももクロやドクタースランプのCMも話題となり、若者の車離れが叫ばれるなかで、納期が半年待ちにも及ぶ爆発的なヒットを記録しました。ハスラーのヒットを受けてダイハツがキャスト・アクティバを発売しました。

あくまでもワゴンRをベース

SUVなのでジムニーと比較されることが多いですが、実用性の高さで人気のあるワゴンRをベースとしています。車内空間やシートアレンジはジムニーと共通点が多いです。

ワゴンRよりも最低地上高を30mm高くして悪路走破性を高くしました。アプローチアングル(タイヤ外周の接線が地面と構成する角度のこと)は28度、デパーチャーアングルは46度となっています。

世界のどこにでも行けるジムニーの変態的な走破性能はありませんが、オンロード性能とルックス性を高めています。

インテリア

白やオレンジなどの明るい配色が施されたインテリアが特徴です。

車中泊できることをメーカー公式が売り出しています。

汚れを拭き取りやすい素材を採用し、電源を供給するラゲッジアクセサリーソケットも装備しています(Aグレードを除く)。

スポンサーリンク

安全装備


一般的に搭載されるようになってきた「ヒルディセントコントロール」と「グリップコントロール」を軽自動車で初めて採用したのがハスラーです。

上級グレードのXには衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」と「全方位モニター」がメーカーオプションとなっています。

ヒルディセントコントロール
急な下り坂でもペダル操作無しで速度(約7km/h)を一定に保ってくれる

グリップコントロール
滑りやすい路面でのスタート時に片輪が空転した際に空転した側のタイヤのブレーキ制御を早めることで発進をサポートする

デュアルカメラブレーキサポート
スズキの自動ブレーキシステム「レーダーブレーキサポート」の進化版で、2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式が採用されています。
人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、カメラでとらえたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートします。

グレード別の装備について

グレードはA,G,Xの3つが用意されています。

ベーシックなAはノンターボ車のみ、中間グレードのGと上位グレードのXはターボの有無が選択できます。

全てのグレードで2WDと4WDが設定されています。ミッションはXがCVTのみで、AとGは5MTが設定されています。G,XのCVT車にはレーダーブレーキサポートが標準装備されています。

軽自動車を安く買う現実的な方法

軽自動車を安く買える方法として現実的なのは『いまある車を高く売って購入予算の足しにすること』です。

購入時の値下げ交渉は難しいですが、今ある車を高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古車販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、車買取専門店に査定をしてもらってください。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スポンサーリンク